シェフレシピ伝承料理レシピ簡単、時短、手軽でおいしい「ふくい朝ごはんレシピ」

ごはんレシピ

旬の食材レシピ

シェフレシピ

お米を知り尽くした福井のシェフが披露する、オリジナルごはん料理のレシピ集。「プロ並みだなんてとてもとても......」と敬遠することはありません。テーマは"家庭でも作れるプロの味"。シェフのアドバイスも参考に、今夜はちょっとだけ頑張ってみませんか。
第12回「いろいろキノコのリゾット 生ハム添え」
シェフ:トラットリア ラ カーラ 城山 久和さん
三重県出身のオーナーシェフ城山さんは、福井工業大学への進学に伴い福井県へ。卒業後一般企業に勤めたものの、脱サラして料理人の道へ向かいました。
第11回「おこげ巻き」
シェフ:魚遊創菜 あきなり 中出 潔さん
福井市文京の住宅街にある隠れ家的な居酒屋「魚遊創菜あきなり」。旬の食材をいかした料理ときさくな人柄でお客様を引きつける店主の中出さん。
第10回「ライスどらやき」
シェフ:お菓子処 丸岡家 竹内 健人さん
福井市呉服町にある、創業約70年の老舗菓子店「丸岡家」。由緒ある名店で和菓子作りに精を出しているのが竹内健人さん。
第9回「たこめし」
シェフ:七味屋 相澤 勝さん
京都のたこ焼き屋で7年間修行後、1998年に福井市にオープン。今では「福井大学前のたこ焼き屋さん」で名が通るほど知られるほどに。
第8回「タイ風あんかけチャーハン」
シェフ:タイ香菜食堂 プラトゥータイ 安達スナンタさん
本場タイの家庭料理が気軽に味わえるお店「プラトゥータイ」。この店で腕をふるうのは、日本語が堪能なシェフの安達スナンタさん。
第7回「本場ナシゴレン」
シェフ:ダイニングカフェ&ハンドメイドギフトショップ GOODAYS+(グッデイズプラス) 川内正仁さん
東南アジア、アメリカ、南米など多国籍の料理を提供するカフェ。オーナーの川内さんは、東南アジアを旅したとき、現地の食文化に感動。
第6回「シーフードドリア」
シェフ:グリル ラ セール 中道健一郎さん
グラタンやハンバーグなど定番洋食が気軽に楽しめる店。「素材は、よりいいものを。味は常においしいと満足してもらえるものを。」と腕をふるうのは、シェフ歴42年の中道オーナー。
第5回「四種類の棒寿司」
シェフ:毘沙門寿司 堀江富夫さん
福井市内の中でも清流の地として知られる東郷地区で、30年以上も店を構える老舗寿司屋。ご主人の堀江さん自ら田んぼを所有し、シャリはすべて自家生産米を使用。
第4回「アロス・デ・マリスコス(ポルトガル風海の幸雑炊)」
シェフ:taberna y flor el mano(タベルナ フロール エル マノ) 河野慎一さん
パエリアやピンチョスなどを揃えたスペイン料理の店。もちろんワインも現地産、チーズは牛、羊、山羊と種類も豊富です。
第3回「煮込みハンバーグオムライス」
シェフ:cafe CoCotte(ココット) 澁澤千春さん
無農薬・有機肥料で育てた野菜と、数種類の豆、そしてじっくり煮込んだポークビーンズのスープが看板料理の店。
第2回「鯛めし」
シェフ:四季食彩 萩 白崎健司さん
旬の素材と越前の幸をふんだんに盛り込んだ懐石料理店。越前焼の器で出される料理には、目も心も奪われてしまう。
第1回「美山しめじのビーフストロガノフ」
シェフ:森のオーブン オーナーシェフ 早川将樹さん
福井市豊島に店を構えて4年。メニューにはいわゆる「ごはん料理」のほか、焼き米や玄米を練り込んだクッキーもあり。東欧留学時の経験を生かしたポーランド料理も得意分野。

伝承料理レシピ

おばあちゃんから、お母さんへ。お母さんから、その娘へ。詳しいレシピなんて必要なくて、「見て、真似して、味わって、覚える」、それが伝承料理。昔ながらの、変わらない定番の味を、JA女性部員の皆さんに再現してもらいました。
第18回「茶めし」
JA越前たけふ女性部
今庄地区に伝わる茶めしは、香ばしい豆煎り番茶を使ったおこわめし。ほんのり青緑色で、大豆より甘みのある青豆を使うのが昔ながらの作り方です。
第17回「はまなみそ」
JAテラル越前女性部
はまなみそは、福井の冬の郷土食。雪深い大野市では米こうじを発酵・熟成させた「甘酒」に、塩漬けしたナスやシソの実、ショウガなどを加えて作ります。
第16回「あぶらげめし」
JA福井市女性部
田んぼの用水を掃除する江掘りや、村の作業の後には、竹の皮に包んだ「あぶらげめし」が振る舞われました。
第15回「打豆なます」「ごんじ」
JA福井市南部女性部
大豆を石臼の上でつぶし、乾燥させた「打豆」。福井では伝統的な大豆の保存食として、食生活や報恩講の精進料理に使われてきました。
第14回「へしこの押し寿司」「鯉こく」
JA敦賀美方女性部(三方五湖支部)
JA三方五湖管内では、鯉を日常的に食べています。それは11月末から3月まで行われる「たたき網漁」により食べる機会が増えるから。
第13回「古代米のおはぎ」
JA敦賀美方女性部(みはま支部)
今回の赤米は、講師を務めてくださった西野さんが栽培しているものを使用。自宅で作っているおはぎが評判で、作り方を教わりたいという声に応えての講座開催となりました。
第12回「ニシンのすし」
JA敦賀美方女性部(敦賀支部)
ニシンのすしは、敦賀祭はもちろん、正月の料理には欠かせないおめでたい料理のひとつ。
第11回「ぜんまいのくるみ入り白和え」
JA福井市女性部(越前美山支部)
精進料理にはなくてはならない一品として法事・仏事に手作り出される「白和え」。豆腐のあえ衣が山菜や野菜の味を引き立てる料理です。
第10回「昆布巻き」
JA越前たけふ女性部
日本全国で食されている昆布巻き。JA越前たけふ管内では、主にお正月や結婚式、地域のお祭りなど、お祝い事に作られています。
第9回「のっぺい汁」
JA吉田郡女性部
全国各地で家庭の味として親しまれている「のっぺい汁」。JA吉田郡の管内では、報恩講料理の一品です。
第8回「呉汁」
JA越前丹生女性部
仏教の各宗派が、祖師の恩に報いるため行う年中行事「報恩講」。呉汁は主に、人が大勢集まる報恩講で出される精進料理の一つです。
第7回「ふやき」
JAはるえ女性部
中庄集落では、8月7日にご先祖の霊をお迎えする習慣があります。通称「七日盆」と呼ばれるこの日に、「ふやき」を作り、お墓と仏壇にお供えします。
第6回「笹寿司」
JA池田女性部
お祭りやお祝いのときに振る舞われる伝承料理。酢飯、ショウガ、ますを笹の葉に包み仕上げた笹の風味が香るお寿司です。
第5回「いぎすのゴマ和え」「いごのショウガ和え」
JA若狭女性部
いぎす・いごは海草の一種で、海岸の浅瀬の岩場に生えています。7月10日以降の夏場に刈り取ります。
第4回「かいすくい(小煮しめ)」
JA福井市女性部
小煮しめのことで法事やお正月に必ず作る伝承料理。年末年始に各家庭で食される野菜たっぷりの料理です。
第3回「小豆の煮物(おつぼ)」
JAたんなん女性部
今回の伝承料理「小豆と里芋の煮物」はおつぼに入れる習慣になっています。
第2回「とびつき団子」
JA花咲ふくい女性部
白いだんごに薄赤い豆が「飛びついた」ように見えるので『とびつき団子』と言われるようになりました。
第1回「ちまき」
JAテラル越前女性部
ちまきと言えば、5月の端午の節句のときに食べるのが日本の一般的な習わし。ですが福井県大野市では、6月にちまき作りをするそうです。

米粉レシピ

教えて!米粉クッキング
今回は「米粉ってどう使うの?」という米粉ビギナーにもおすすめの、簡単&おいしい米粉料理をご紹介します。

ファーマーズマーケット

JAファーマーズマーケット一覧
福井県のJAファーマーズマーケットをご紹介

ごはん党キッズ

ふくいの農業
福井県の豊かな自然を生かして行われる農業について学習しよう。
第39回 ごはん・お米とわたし 作文・図画コンクール入賞作品
福井県知事賞、福井県農業協同組合中央会 会長賞をご紹介

コンクール入賞作品

  • わが家のごはんグランプリ
  • ふくいの旬菜料理コンクール